④ 地震考古学~21世紀の巨大地震を考える -歴史から探る関西の地震:産業技術総合研究所 活断層・火山研究部門 寒川 旭 名誉リサーチャーの動画を紹介~

産総研サイエンスカフェ in 関西 「21世紀の巨大地震を考える -歴史から探る関西の地震-」【産総研公式】

■21世紀の巨大地震を考える -歴史から探る関西の地震

近々、起きることが懸念されている南海トラフの巨大地震ですが

最近の 2 千年間について、発生の歴史が概ねわかっています。

⇒江戸時代では 1707(宝永 4)年と 1854(安政元)年の2回ですが、

⇒大阪平野では激しい揺れが長く続いて多くの家屋が倒壊しました。

⇒この時、大阪湾に押し寄せた津波が、道頓堀などの水路をさかのぼって、大坂の市街地の一部が泥水に被われました。

一方、関西圏には活断層が多く、大きな地震を引き起こしています

⇒豊臣秀吉の時代である 1596(慶長元)年には、京都から大阪・神戸を経て淡路島まで続く活断層によって「伏見地震」が発生しました。

⇒そして、1995(平成 7)年には淡路島の野島断層が「阪神・淡路大震災」を引き起こしています。

今年は 2011 年 3 月 11 日の「東日本大震災」から5年目です。

想定外と言われた巨大地震ですが、

実は、同じような地震が平安時代前期の 869(貞観 11)年に起きていました。

そして、1000 年余の年月を隔てた 9 世紀と現代を比較すると、

地震の起こり方がよく似ているのです。

■このように、古文書・日記などの記録や、考古学の遺跡で見つかった地震痕跡から

・過去の地震が復元できて、多くの知識が得られます。

9世紀の地震活動を復元すると

・東日本各地で約50年間にわたって

⇒内陸地震が発生したた後、

⇒東北地方の太平洋沖のプレート境界で巨大地震が発生(869年:貞観地震)

・西日本でも少し遅れて内陸地震が多くなり

⇒さらに相模湾で大型地震

⇒南海トラフから巨大地震が発生するという道筋をたどる。

出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaqua/52/5/52_191/_pdf 地震考古学に関する成果の概要 寒川 旭

■この時期に噴火した火山

F:富士山、C:鳥海山、K:開聞岳

■21世紀の巨大地震(考古学における地震災害の情報より転記)

出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jasdis/9/0/9_24/_pdf 考古学における地震災害の情報 寒川 旭

南海トラフから発生するプレート境界の巨大地震の発生年月日

⇒文字記録によってかなり把握されている

⇒一例として、日本最古の歴史書である『日本書記』の記述から

⇒684年11月29日に(白鳳)南海地震が発生したことがわかる。

トラフの西半分から生じる南海地震

⇒文字記録から

⇒887年・1099年・1361年・1605年・1707年・1854年・1946年に発生したことがわかる。

⇒しかし、近世には豊富な文字情報も

それ以前では乏しくて、

地震があっても記録として残っていないことが多い。

■文字記録から地震の発生年を考える

・1099年と1361年、13061年と1605年の間には、262年と244年となって

通常の二倍の間隔となる。

南海地震に極端に大きな間隔があるのか?

それとも、記録に無い南海地震が存在していたのかという疑問が残る

■考古学の発掘調査

・四国南西部の高知県四万十市にあるアゾノ遺跡(1:図2に示した番号)

・四国東部の徳島県板野郡板野町にある宮ノ前遺跡(2)等では

15世紀末頃の液状化跡が見つかっている

これは四国全体を揺らす南海地震の存在を示唆している。

出典:https://kansai.main.jp/swfu/d/jishin20230516.pdf 地震講座「どうする秀吉 天正地震と慶長伏見地震」

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qFXeS4VMex8 地震講座第2回「不運な綱吉 南海トラフの巨大地震」

・一方では、大阪府堺市の石津⁀太神社遺跡(3)

・和歌山県南端の那智勝浦町にある川関遺跡(4)

1200年代初頭の液状化跡が見つかっており

これも南海地震の痕跡である可能性が高い。

もし、この2回の南海地震が存在したとなると

少なくとも684年以降(日本書記の記録)は

⇒200年以内の間隔で、かなり規則的に発生し続けたことになる

トラフの東半分から発生する東海地震についても

記録にない年代の地震痕跡が認められている

⇒静岡県の坂尻遺跡(6:袋井市)や川合遺跡(7:静岡市)

⇒更に愛知県一宮市の田所遺跡(5)の

液状化跡は7世紀後半の年代となり

日本書記の白鳳南海地震(684年)に対応するような

東海地震が存在した可能性が高い。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qFXeS4VMex8 地震講座第2回「不運な綱吉 南海トラフの巨大地震」

21世紀に南海トラフから巨大地震が発生すると言われているが

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qFXeS4VMex8 地震講座第2回「不運な綱吉 南海トラフの巨大地震」

南海地震と東海地震(別の表現では:東海・東南海地震)は、

ほぼ、同時に発生しているように思える。

⇒これを考慮すれば

⇒1707年の宝永地震のようにトラフ全体から1つの地震として

あるいは、1854年の安政東海地震と安政南海地震のように連続して発生する可能性が高い。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=qFXeS4VMex8(左図、真中図)

出典:左上図)内閣府 南海トラフの巨大地震モデル検討会 右上図)NHK:明日をまもるナビ:火山灰の脅威に備える 徹底検証 富士山噴火(3) 左下図)https://www.youtube.com/watch?v=zpEXTV4p6Yg 

出典:https://kansai.main.jp/swfu/d/jishin20230530.pdf 地震講座第3回「悩んだ道真 九世紀の地震と現代」

■9世紀の大地震と最近の大地震

類似性

内陸地震の多発後に巨大地震が発生

出典:https://kansai.main.jp/swfu/d/jishin20230606.pdf

出典:https://www.npo-lso.or.jp/earthquake/index.html

出典:https://kansai.main.jp/swfu/d/jishin20230530.pdfとhttps://kansai.main.jp/swfu/d/jishin20230606.pdfの図を組合せにして編集

出典:既存各出典先を編集

出典:http://ares.tu.chiba-u.jp/marulab/note/bosai/Lec4.pdf 防 災 工 学 第4回 千葉大学 工学部 都市環境システムコース 丸山 喜久