③ 2拠点生活で事前避難(日常生活継続)

■降灰ゾーン(富士山噴火15日後)を避ける地域に避難

マンスリーマンション等の事前調査(ネット契約)

■一定期間の住まい(脱避難所の確保)

無駄や手間を省く(敷金・礼金・仲介手数料・保証金も不要)。

ホテル等は即予約で埋まる。

徒歩圏内に食品スーパーがあり、自炊出来る事

令和6年能登半島地震の避難所における食品配布(食の確保)で

生活習慣病(高血圧・糖尿病等)を悪化させるベクトルが強く働く事が明確に分かった

サブテーマ:①医薬品(日常的に服用している薬)入手は困難』にて詳細情報を記載

病院が近くにある事

■空振りは『健康維持』の投資

富士山の火山活動に変異が見られる際(複数回の空振り覚悟)

南海トラフ地震が起きたら即予約

■代替案:シェアハウス(高齢者向け)を探す

■コンタクト先

社会福祉法人

⇒高齢者の住まい探しを支援する

シェアハウスを運営している

空き家をリフォームして貸し出している会社(マッチングサービス)

⇒住まい探しに困っている高齢者などのため

低家賃で比較的入居の条件が緩い物件というものに関して

ニーズは増えてくると考えている会社

会社が家主となるため仲介手数料は不要で、敷金や礼金も必要ありません。長く住んでもらえれば、商売としても十分成り立つといいます。現在、130戸以上の物件を所有する松本さんの元には、毎日のように高齢者から助けを求める手紙が届きます。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/e5b74a93f24bc2fc636c6cd9c113684aee085f2b?page=3